便秘弛緩性カテゴリの記事一覧

弛緩性便秘とは?

便の状態は人によって違いますね。
便秘の目安としては、3日以上便が出ない、もしくは出ても少量だったり、コロコロしていて残便感があるといった状態だと便秘というのが一般的だと思います。
中には1日でも出ないと辛いという人もいますが、便は毎日出なくても、自分の調子がよければ大丈夫です。
ただ、食べ物の消化から排泄までは30〜120時間と言われているのです。
そのため6日以上出ない場合は、何らかの異常が考えられるかもしれません。
だいたい便秘になると吹き出物などの肌の調子の崩れが出たりします。
お腹が張ったり、それぞれ症状は人によって異なりますが、6日以上出なくなれば、それなりに何か症状が出るものです。


胃や小腸で消化され、ドロドロになった食べ物は、腸に入り腸壁の筋肉が伸びたり縮んだりする「ぜん動運動」によって先へ先へと送り出されています。
この「ぜん動運動」がうまく行われないと、便は大腸に留まった状態になり便秘の原因となります。
大腸に長時間留まっているために水分が吸収されて便が硬くなり、 どんとん出にくくなるのです。
これが便秘のメカニズムです。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。