便秘の原因を見つけて解消しよう

便秘に陥ってしまう原因はいくつか考えられます。
どれも日常的に起こることなので、自分が起こしてしまいそうな原因を避けられるように、気をつけることが必要だと思います。


たかが便秘と考えがちですが、悪化するとそれが要因で他の病気を招きかねません。
慢性化しないような心がけが必要です。
すでに便秘に悩まされている方は、この原因の改善をすることで、解消に向かうこともありますので、あきらめずに便秘の原因を探っていきましょう。


まず便秘によくないのは、ガマンです。
ついついしてしまいがちな我慢。
ガマンすると直腸から脳への信号が低下し、トイレに行きたいという感覚が薄くなり次第になくなります。
その結果、腸内の便の滞留時間が長くなり、水分が抜けて便が小さく固くなる為、排泄の際に出にくくなるのです。
この出にくい現象が続くと便秘につながります。


そして偏食。
続きを読む

便秘に浣腸は最終手段

便秘とは、便が長時間大腸に留まり、排便が順調に行われていない状態をいい、毎日排便があっても量が少なかったり、残便感があれば便秘であると思います。
逆に2〜3日に1度でもすっきりと排便があれば、便秘ではないのではないでしょうか。
便秘の原因としては、食生活の乱れや運動不足、ストレスなどがあげられます。
便秘にならないためには、食事と水分をしっかり取り、気分転換にウォーキングなど適度な運動をするといいでしょう。
また、朝食後に必ずトイレに行く習慣をつけることや、便意があったらガマンしないことも大切です。
ガマンをしてしまうと、排泄をする段階をむかえているのに反応せず、排便をするという行為そのものに影響が出てしまいます。


苦しいのでどうしても浣腸に頼りたくなりますが、浣腸はどうしても便秘が解消しない場合、最後の手段として用いてください。
なぜなら浣腸を連用すると効果が減弱し、薬剤に頼りがちになることがあるのです。
このためにも浣腸の長期連用は避けたほうがよいと思います。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。