便秘の原因を見つけて解消しよう

便秘に陥ってしまう原因はいくつか考えられます。
どれも日常的に起こることなので、自分が起こしてしまいそうな原因を避けられるように、気をつけることが必要だと思います。


たかが便秘と考えがちですが、悪化するとそれが要因で他の病気を招きかねません。
慢性化しないような心がけが必要です。
すでに便秘に悩まされている方は、この原因の改善をすることで、解消に向かうこともありますので、あきらめずに便秘の原因を探っていきましょう。


まず便秘によくないのは、ガマンです。
ついついしてしまいがちな我慢。
ガマンすると直腸から脳への信号が低下し、トイレに行きたいという感覚が薄くなり次第になくなります。
その結果、腸内の便の滞留時間が長くなり、水分が抜けて便が小さく固くなる為、排泄の際に出にくくなるのです。
この出にくい現象が続くと便秘につながります。


そして偏食。
女性にありがちなダイエットが原因になることも多いようです。
食事の摂取量が少ないと食物残渣(便の素)を直腸へ送る動き(ぜん動運動)が弱まるため便秘になりやすくなるのです。
ダイエット中であっても、そのことを忘れてしまうと身体の調子を崩してしまったりして、ダイエット自体が無意味になってしまいます。
バランスの良い食事は必須ですね。


日本人に多いと言われるストレス。
たとえば旅先などでの便秘は、一時的なストレスによって自律神経のバランスが乱れるからと言われるくらいです。


他には年齢的なものもあります。
加齢による便秘は、年を取るとお腹の筋肉が弱まり、腸の動きが悪くなってきます。
それは、運動不足が拍車をかけてしまうことにもなります。
また、糖尿病や高血圧、痔などが便秘の原因の病気でもあり、薬を飲んでいる際に副作用として関係していることもあるようです。


最後に妊娠による便秘です。妊娠中は、黄体ホルモンが活発になり、さらに子宮も大きくなるため腸を刺激し便秘となります。
もし便秘で困ることがあるようなら、定期検診の際に医師に相談しましょう。
おだやかな薬をもらい、長い時間をかけて生活習慣を改善していきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。