便秘に効く誰でもできる運動

高齢者の方特有の便秘というものがあります。
腸のぜん動運動が弱いために、便をスムーズに送り出せなくなっていることから起きる便秘です。
高齢者や虚弱体質、内臓を支える筋力が弱いために、内臓が下垂してしまっている人、多産のために腹筋が弛緩している人などに多く見られるタイプの便秘です。
ダイエットで食事の量を減らしているために、食物繊維が不足している人もこのタイプの便秘の人が多くいるようです。


このタイプの便秘は、お腹が張っている、便が出きらない残便感、食欲の低下、肩こり、冷え、倦怠感などの様々な症状を引き起こす場合がありますので気をつけましょう。
そんな高齢者の方でも無理なく出来る、便秘改善のための運動を紹介します。


この運動は腸のぜん動運動を促すのが解決のポイントです。
運動はもちろんですが、食事は食物繊維たっぷりのものをとるように心がけましょう。
そしてお腹や腰のマッサージをしたり、朝起きたらコップ一杯の水や牛乳を飲むようにするのも、腸に良い刺激を与え効果的です。


さて体操についてですが、便秘解消法に便秘体操があります。
あおむけに寝て片方の膝を両手で抱え、お腹に近付けます。
息を吐きながら、できるだけ膝を引き寄せ、太股でお腹を押さえるようにします。
そして、ゆっくり息を吸いながら、体を元の状態に戻します。
もう片方の膝を曲げないように、腹式呼吸でするのが大切です。
これを、交互に10回ぐらいずつ繰り返すことによって腸を刺激し、運動力が増加するので便秘改善に効果があらわれます。


他にも解消体操は色々ありますが、簡単にできる体操は仰向けになって、足を上にまっすぐ伸ばし、自転車のペダルを踏むように足を交互に下方へ力強く押し上げます。
この体操を続けることで副交感神経を刺激し、腸のぜん動運動を活発にするので、排便を促進する効果があります。


高齢者の方は無理をしないことが第一条件です。
少しずつだとしても、その運動を毎日続けられるように、がんばってみましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60305079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。